2011年03月29日

着物えり正の想い|蚕・生地・染織

erishowjp / きものを通じ、家族の幸せを。えり正
「皇后さまの御親蚕」という本を読みました。正倉院宝物‐「紫地鳳形錦御軾」を復元させるため、材質も技法も製作当時と同じものを目指し、美智子皇后さまが育てる日本産種‐小石丸の蚕から始まる物語です。現代より古代のほうが、はるかに高度な製織技術を持っていたのは驚きでした。日本人、すごい! at 03/28 04:13



posted by 神戸の振袖一番館えり正 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | えり正公式Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。